トヨタ、世界で計33万台超を追加リコール 

タカタ製エアバッグ問題で

 3月2日、トヨタ自動車はタカタ製エアバッグ問題に絡み、世界で33万1200台を追加リコールする。写真はトヨタのロゴ。ジャカルタで2月24日撮影。(2016年 ロイター/Beawiharta Beawiharta)

[デトロイト 2日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T><TM.N>は2日、タカタ<7312.T>製エアバッグの欠陥問題に関連し、世界で33万1200台を追加リコール(無償回収・修理)すると発表した。

今回の追加リコールの対象となる車両全てにタカタ製の助手席用エアバッグが搭載されている。

米国でのリコール台数は19万8000台。2008年モデルの「カローラ」、「カローラ・マトリックス」、2008─10年モデルの「レクサスSC430」が含まれる。北米全体での追加分は計23万1000台。

日本では2007年5月から2010年7月に生産された「アベンシス」や「レクサスSC430」など計3000台をリコールする。

欧州でも8万6000台リコールする。

今回の追加リコールによって、タカタ製エアバッグを搭載したトヨタ車の世界リコール台数は1531万4000台に達する。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。