エキュートで進化遂げるエキナカ。利用者参加型へ進化中《鉄道進化論》

エキュートで進化遂げるエキナカ。利用者参加型へ進化中《鉄道進化論》

「エキナカ」はどこまで進化し続けるのか--。

JR東日本が「もっと駅を魅力的に」と「ステーションルネッサンス構想」を打ち出したのは2000年。この前後からJR東日本のエキナカは着実に進化を遂げてきた。

今やエキナカには「デパ地下」顔負けの総菜やスイーツ店がズラリ。さらに保育施設やファッション衣料店、女性のためのメイクアップラウンジなど、魅力ある施設を兼ね備えた空間に変貌している。

JR東日本の売上高の約3割は非運輸業だが、主体はこうした小売りやSCなどの「生活サービス事業」だ。同社は17年度までに非運輸業の売上高を4割に高める長期計画を進行中。エキナカ事業の進化は重要施策の一つだ。

中でも複合商業施設「エキュート(ecute)」は05年の大宮駅での開業を皮切りに、品川、立川、日暮里と4カ所にオープン。新ブランド戦略の象徴的存在だ。

エキュートは「eki」「center」「universal」「together」「enjoy」の頭文字を合わせた造語で、運営はグループのJR東日本ステーションリテイリングが担当する。

今でこそ知名度も上がったが、プロジェクトが発足した01年はわずか3人、素人の集団としてのスタートだった。大宮駅での開業準備では、海のものとも山のものともつかぬ業態に、出店を呼びかけても、尻込みする店も少なくなかった。

だがJR東日本では発足時から駅利用者の目線に立ち、自らが施設のコンセプト段階から考えることを大切にしてきた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。