本土決戦幻想 オリンピック作戦編 保阪正康著

本土決戦幻想 オリンピック作戦編 保阪正康著

歴史に「イフ」はないという。しかし本書で述べられるイフは重要である。もし天皇聖断が下されず玉音放送がなされなかったら……。米軍は鹿児島の三つの海岸から上陸し、足場を築き次第、関東上陸へ進んだことは確実だった。しかも第3、第4の原爆が投下されたはずだ。多くの国民が命を失い、ソ連の進撃により北日本の北朝鮮化も避けられなかったとすると、歴史にイフはないで済ますわけにはいかないだろう。

米軍は南九州制圧をオリンピック作戦と呼んだ。日本軍は乏しい戦力のため真正面からは戦えず、特攻機、人間魚雷、竹槍作戦などに頼るほかなかった。昭和史を徹底的に追究している著者は、オリンピック作戦の内容と、志布志湾や吹上浜、特攻基地跡、松代の幻の大本営を丹念に取材して回ることで、軍人たちが奉じた本土決戦の狂気と虚妄、結果としての大惨事を検証、予測している。戦争の史実を正確に知ることの意味深さを痛感させられる。(純)

毎日新聞社 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。