東大発のペプチドリームが切り開いた新境地

日本ベンチャー大賞受賞企業の横顔

安倍首相から表彰状を受け取るペプチドリームの窪田規一社長(左)

起業家のロールモデルとなるベンチャーを表彰する「日本ベンチャー大賞」の表彰式が、2月26日に首相官邸でとりおこなわれました。栄えある大賞として安倍晋三首相から表彰状を受け取ったのは、ペプチドリームの窪田規一社長。本稿では同社の挑戦と、7社の受賞企業について紹介します。

この連載の過去記事はこちら

日本ベンチャー大賞は、優れたベンチャー企業を首相が表彰し、「果敢に挑戦すること」を社会として称える制度です。

審査基準は、事業のビジョン、新規性、社会へのインパクトなどで、起業家の目標となるようなベンチャーを、経済界、有識者で構成される審査委員会(委員長:松田修一早稲田大学名誉教授)で選びます。

昨年の第1回では、ミドリムシで機能性食品や燃料油を製造し、世界の食糧問題、環境問題に挑むユーグレナが表彰されました。

本年の表彰式は2月26日に首相官邸で、安倍首相・林幹雄経済産業相の出席のもと行われました。

ペプチドリームが大賞に

安倍首相から大賞を受け取ったのはペプチドリーム。医薬品を製造する大学発ベンチャーで、2006年に創業し、2015年に東証一部上場、今では株式時価総額2000億円を超える企業に成長。世界の大手製薬企業に創薬プラットフォームを提供する形で対等に共同研究を進めています。

社名の由来となったペプチドは、アミノ酸の結合体でタンパク質を作る物質。ペプチドを使った医薬品は、効果が高く副作用が少ないことで注目されています。

次ページペプチドは最強の「運び屋」
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。