三菱自動車「貧者の戦略」、瀬戸際からEV一番乗り

三菱自動車「貧者の戦略」、瀬戸際からEV一番乗り

電気自動車は一度、死にかけた。2001年、独ダイムラーが筆頭株主として三菱自動車に乗り込んできたとき、電気自動車(EV)には鼻も引っかけなかった。「EVに市場性はない」。が、ダイムラーはリチウムイオン電池には関心を示した。三菱のEVは「電池試験車」としてかろうじて生き残ったのだ。

この6月5日、三菱自動車は世界初の量産型電気自動車「アイ・ミーブ」の発売開始を宣言した。「電気自動車は次の100年で中心的な役割を果たす車。次の100年を走り始めたい」。その益子修社長の宣言から1カ月。橋本徹MiEV事業統括室長はしっかり「手応え」を感じている。「個人のお客様の受付は今月(7月)下旬からだが、法人需要は、おかげさまで引き合い順調。追加の注文もいただいている」。

プリウス、インサイトなどハイブリッド車がガソリンエンジンとモーターを併用するのに対して、電気自動車のアイ・ミーブは100%モーター、電気で走る。だから、走行中のCO2排出量はゼロ。「究極の環境対応車」(益子社長)だ。

100Vの家庭電源でも14時間でフル充電でき、1回充電すれば160キロメートル走行できる。確かに、長距離ドライブには向かないが、三菱自動車によれば、「日本人の1回当たり平均走行距離は88%が40キロメートル未満」。日常走行に支障はない。昼間電力なら、燃料代はガソリン車の3分の1、深夜電力なら10分の1になる。

ついでに言えば、モーターだから運転音は極めて静か。モーターはガソリンエンジンに比べトルク(前に回転する力)が大きいため、加速もスムーズ。等々、EVがなかなかの優れものであることは間違いない。

橋本室長は「風が吹いている。しかも、この1年の風の吹き方は想像以上」と言う。07年のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)第4次報告書、昨年の洞爺湖サミットとグリーンニューディールブーム到来。CO2ゼロのEVには、世界的な追い風が吹いている。ところが、アイ・ミーブはせっかくの風を生かし切れていない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。