山口絵理子・マザーハウス代表取締役--カワイイが変える途上国、27歳「劇場経営」の突破力【下】

山口絵理子・マザーハウス代表取締役--カワイイが変える途上国、27歳「劇場経営」の突破力【下】

そこまでリスクに立ち向かうのは、それがマザーハウスの勝利の方程式でもあるからだ。既成の大企業は逆立ちしても、内乱前夜のネパールには出てこられない。そして、リスクが大きければ大きいほど、新しい「ストーリー」が生まれる。

マザーハウスはモノとしてのバッグを売っているのではない。山口が言う。「モノがあふれる中、何が欲しいの、と言ったら、本当は、内面に働きかける何か。途上国を変えたいという思い、そして、いくつもの困難を乗り越えてバッグをお客様に届けるまでのストーリーを、私たちはバッグとともに、販売している」。

早大教授の遠藤は、このマザーハウスのスタイルを「劇場経営」と命名する。スリリングなストーリーを観衆=顧客の目の前に広げ、顧客は共鳴し巻き込まれる。共鳴の渦に押し上げられ、マザーハウスはまた一段高いステージへ。ストーリーの発信はだから、生命線だ。

山口は自叙伝『裸でも生きる』(講談社刊)を出版し、TBS「情熱大陸」に出演し、ブログを書き続ける。5月の黄金週間に直営店で開催したミニ講演会、その名も「ストーリーラリー」には、毎回、店に入り切れないほどの観衆が詰めかけた。

ずばり、工場を「劇場」化したのが、今年3月、大手旅行代理店HISと共催した1週間のバングラ・ツアーだ。ツアー参加者を前に自社工場の13人の工員が自己紹介したときのこと。1人の女子工員が感極まった。「私にとっても家族にとっても危機でした。親戚も助けてくれないとき、会社が守ってくれました」。

バングラでは、時に、想像もつかない災厄が降ってくる。反社会集団に理不尽な大金を要求され、拒否すれば、命も危険になる。山口が割って入った。相手の集団と交渉し、女子行員には給与を先払いして急場を切り抜けた。「こんなにしてもらって。死ぬまでここで働きたい」。

山口も泣き、参加者ももらい泣きした。HISの行方一正相談役が言う。「現地のスタッフに信頼されているんだな。厳しい状況の中でみんな生き生きと働いている。日本の若い人たちにこそ見てもらいたい」。 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。