イラク首都、2件の自爆テロで70人が死亡

「イスラム国」が犯行声明

2月28日、イラクの首都バグダッドで2件の自爆が起き70人が死亡、100人以上が負傷した(2016年 ロイター/WISSM AL-OKILI)

[バグダッド 28日 ロイター] - イラクの首都バグダッドで28日、2件の自爆が起き70人が死亡、100人以上が負傷した。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を認める声明を発表した。

現場は、イスラム教シーア派の住民が多く暮らすサドル地区で、警察関係者によると、オートバイに乗った人物が身につけていた爆発物を爆破させた。

ISは、爆破攻撃を認める声明をインターネット上で公開。シーア派への攻撃を継続する方針を示した。

イラク軍は、米国主導の有志連合軍の空爆の支援を受け、西部アンバール州の拠点を奪還。モスルの奪還を目指している。

アバディ首相は、自身の公式フェイスブックページで、今回の自爆攻撃はISの最近の敗北を受けた報復との見方を示した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。