政治の精神 佐々木毅著

政治の精神 佐々木毅著

自民党政治は高度経済成長と冷戦という二つの基盤がなくなった後、徐々に無力感に侵食されてきた。小泉政治はこの無力感の裏返しとでもいうべき「ぶっ壊し」の試みであり、実際はさらにその無力感を深刻化させたのではないか。

相次ぐ首相の退陣劇は個々のリーダーの資質に原因があるように見えて、実は自民党政権の空洞化、無力感の結果ではなかったのか。官僚の積極的な関与によって支えられた壮大な党システムを、政策中心の自発組織に鍛え直すことがまず必要である。

日本の政治を知的にかみ砕こうとするならば、「政党政治の精神」を踏まえた議論が欠かせないとする、政治学の大御所による大統領制を念頭に置いた「自己改革論」。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。