「買う気」の法則 広告崩壊時代のマーケティング戦略 山本直人著

「買う気」の法則 広告崩壊時代のマーケティング戦略 山本直人著

モノが行き渡っている日本では、景気後退期には不要不急のモノは売れない。「なくては困る」状態なら消費者は「買う気」にならざるを得ないが「どうしようかな~」というときにはひと押し、つまり「買う理由」が必要になるとプランナーの著者は指摘する。

CMだけで数千万円の家を買う人もいなければ、1本140円のお茶を買うのにネットで調べる人もまたいない。ネットの台頭でマス広告の効果が疑問視される現代において問題になるのは「ネットかマスか」ではなく消費者がどんなときに「情報検索」を深めるかであると、商品の価格帯や価値によって異なる消費者の行動や心理を分析し、新しいマーケティングモデルを提唱する。

アスキー新書 780円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。