「ミッションインポッシブル」を制す人の思考

「すべて織り込み済み」な人は誰よりも強い

リスクマネジメントの「表技・裏技」を解説します(写真:xiangtao / PIXTA)
リスクマネジメントと聞くと、経営層がやるもの、もしくは大規模な案件でやること……と自分とはあまり関係がないというイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、どんな仕事にもリスクは必ず存在します。気がつけばバタバタと手戻りしたり、想定外への対応が続いているのも、リスクマネジメントができていないのが原因かもしれません。逆に「失敗しそうだから」とリスクを避けて無難な仕事ばかりしていては、成果を出すことも難しいでしょう。
変化の大きいこの時代、さまざまなリスクをきちんとコントロールして、自分のやりたいことに自信をもってチャレンジし、しなやかにキャリアステージを駆け上っていくためのリスクマネジメントの「表技・裏技」について紹介します。

リスクを見過ごすと「問題」に昇格する

この連載の過去記事はこちら

「リスク」とひとくちに言っても、人によってイメージされるものが違うかもしれませんね。そもそもリスクとは何だと思いますか? また、同じような感じで使われる「問題」とは何が違うのでしょうか? リスクと問題の定義は実は以下のようなものです。

・リスク:潜在的に存在しているもので、発生したら悪い影響を与える状況

・問題:顕在化していて、悪い影響を与えており、対応が必要な状況

どちらも悪い影響を与えるものですが、潜在しているのか、顕在化しているのかが大きな違いです。リスクが顕在化すると問題になるという関係ですから、リスクを放置せずに適切にコントロールすることで、問題発生を防ぐことになります。

次ページ問題は時間とともに解決が難しくなる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。