「ロック解除問題は先例にならない」FBI長官

アップルの主張に対して反論

2月25日、米FBIのコミー長官は、銃乱射事件の犯人が所持していた携帯電話のロック解除を求める裁判所命令が米アップルに対し出ている件について、類似の事件への先例にはならないとの認識を示した。写真sは同日、下院で証言するコミー長官(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は25日、銃乱射事件の犯人が所持していた携帯電話のロック解除を求める裁判所命令が米アップル<AAPL.O>に対し出ている件について、類似の事件への先例にはならないとの認識を示した。

コミー長官は下院委員会の公聴会で、携帯電話のソフトウェアはその性質からして複雑であるため、今回のケースが適用できる範囲は限定されると指摘。

ただ、法執行機関による暗号化データへのアクセスをめぐる大きな枠組みについては、議会などで解決していく必要があるとの考えを示した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。