優れもの「VR開発キット」が日本にやってきた

ウェアラブル製品がより実用化する時代に

バーチャルリアリティ製品の開発が盛んになってきている(写真:Syda Productions / PIXTA)

最近話題のARやVR。まず、AR(Augmented Realtyの略)は「拡張現実」のことで、モバイルやPC機器などを使って、現実の風景に情報を重ね合わせることができる技術。

一方、VR(Virtual Realtyの略)は「仮想現実」のことで、仮想的な世界を現実のように体験させる技術のことだ。

欧州ではすでに大注目

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

これらの技術は最近、スマホやタブレットのアプリはもちろん、VR用デバイスOculus(オキュラス)の発売が話題になるなど、プロモーションやシミュレーション、ナビゲーション、ゲームなど、さまざまなサービスに活用され始めている。

そんな中、イギリスのKudan LImited社は、自社が開発したAR/VRエンジン(ソフトウェア開発キット)「Unity Package」のダウンロードを、日本のエンジニア向けに開始した。

Mindmaze社のウェアラブルグラス(写真はhttp://prtimes.jp/より)

主要プロダクトが開発者向けだし、日本では一般的になじみがない英Kudan LImited社。

だが、この会社のAR/VRエンジンは、欧州ではかなり注目されている。スイスの医療機器メーカーMindmaze社が開発した「世界初の画像認識が可能なウェアラブルグラス」に使われているからだ。

次ページ「Unity Package」、その特徴は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。