「3Dプリント住宅」に世界が期待を寄せる理由

数日で完成!オープンソース型ハウスの底力

いよいよ住宅も3Dプリンターで作られる時代に(画像はhttp://www.wikihouse.cc/より)

適切な住居に居住する権利は、世界中の誰もが有する「基本的人権」のひとつ。

国際連合人間居住計画(UN-Habitat)では、2030年までに世界全体の約4割にあたる30億人が住居を必要とし、この需要を満たすために、1日あたり9万6150戸のペースで、建設を進めなければならないと予測している。

3Dプリントできる、オープンソースな住宅モデル

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

最低限のスキルと時間で、誰でも住居をつくりあげることができる建築キットがある。「WikiHouse(ウィキハウス)」だ。

ウェブサイト上の三次元形状データをプリントアウトし、パーツを組み合わせるだけで、住居を自作することができる。

この画期的な住居モデルを設計・開発したのは、ロンドンの建築事務所「Architecture 00(アーキテクチャー00)」の若手デザイナーを中心とするグループ。

2011年の活動開始以来、一連の活動は、政府や非営利団体、民間企業を巻き込みながら「WikiHouse Foundation(ウィキハウス財団)」によって支えられてきた。高機能かつ低価格で、持続可能な住宅建築ソリューションをさらに進化させるべく、取り組んでいる。

次ページカスタマイズも自由、数日で住宅が完成
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。