視聴率下落のTBS、7月番組改編の深刻

年収格差は2~3割 くすぶる若手の不満

視聴率下落のTBS、7月番組改編の深刻

大改編からわずか4カ月--。TBSは7月20日から再度の番組改編に踏み切る。

通常、テレビ局の改編は4月と10月の年2回行われ、TBSも4月に過去にない規模の大改編を実施したばかり。だが、思うような結果が出ず、深刻な視聴率の落ち込みに直面した。このタイミングでの編成テコ入れは業界でも異例だ。

2009年度上期の視聴率は、6月末時点でフジテレビや日本テレビなど在京民放の中で4位に甘んじており、曜日によっては大半の番組が5%に届かないことも珍しくない。「こんなに低い数字は入社以来、一度も経験したことがない。最初は間違いかと思った」と、TBSの中堅幹部は肩を落とす。

頼りが「水戸黄門」? 高まる不協和音

目下、苦戦の象徴ともいえるのが、4月改編の目玉だった「総力報道! THE NEWS」(17時50分~19時50分放送)。一日の中で視聴率が最も高い19時台はNHKの「ニュース7」が20%弱の高視聴率を誇る。TBSはあえてここに同じ報道番組をぶつけ、NHKの視聴者を奪いにいった。が、放送開始から5%前後の低空飛行が続く。もう一つの目玉だった11時から4時間生放送の情報バラエティ番組「ひるおび!」も、1ケタ台前半と改編前よりも数字が悪化してしまった。

視聴率低迷を放置し続ければ、広告収入の落ち込みが加速する。そこで打ち出したのは、低予算かつ安定した視聴率が見込める再放送に頼るという苦肉の策だった。

15~17時には、TBSでの大ヒットドラマ「花より男子」の韓国版やNHKで人気を集めた「宮廷女官チャングムの誓い」を放送する。続けて17時台には、1ケタ台後半と手堅い視聴率を保つ「水戸黄門」の再放送を入れ込み、終了直後に放送される「THE NEWS」の視聴率上昇をもくろむ。こうした見直しに対し、現場の中堅社員は「今回の改編は場当たり的な対処にすぎず、とても視聴率が上がるとは思えない」と冷ややかだ。

 

次ページくすぶる若手の不満
関連記事
Topic Board トピックボード
このページのトップへ
Trend Library トレンドライブラリー
Access Ranking
  • 1時間
  • 昨日
  • 週間
  • いいね!
トレンドウォッチ
銀行サバイバル

アベノミクスを追い風に前期は過去最高益を記録したメガバンク3行。だが、その効果が薄れる今期は一転、減益になる見通しだ。国内の資金需要は低迷し、新興勢力も次々に台頭。厳しい環境下でどう生き残るか。

巻頭特集:
変調!アベノミクス

Video壁に「母」?英トップ代理店の奇抜オフ