「キャッシュフロー仕事術」を知っていますか

ビジネスパーソンの1%しか知らない「武器」

なぜ、「キャッシュフロー」を身に付けるか否かでその後の会社員人生が大きく変わるのか(写真 :ryanking999 / PIXTA)

3月、これから決算を迎える会社も増えていくだろう。その決算に際して、よく耳にする言葉「キャッシュフロー」。経営に携わっていないビジネスマンは、キャッシュフローと聞いても、どこか他人事のように思えてしまうが、この「キャッシュフロー」を身に付けておくかどうかが、その後の会社員人生を大きく左右する。

アイデアだけでは生き残れない

経済成長率が伸び悩んでいる。企業は売り上げ規模を競うのではなく、いかに「利益」を重視するかにフェーズが変化している。しかも、だたの「利益」ではなく、いかに「おカネ」を稼ぐことができるのかに経営者は注目しているのである。

ここで、「利益」と「おカネ」とは何が違うのか疑問に思う方も多いだろう。「利益」はあくまで数字であって、それが実際に「おカネ」になるまでのタイムラグがあるため、それらを見込んで考える必要があるのだ。

ここ数年、多くの会社では既存のビジネスが停滞しているため、新規のビジネスがいくつも立ち上がっている。新規市場の開拓や販売チャネルの拡大、これまでの商品や技術を活用した新サービスの提供、IT技術の活用や他分野業種のコラボレーションなど、その可能性はさまざまあるが、成功している企業はそれほど多くない。

それは、分業化と専門化が進んだことで、各担当業務をこなせばよい状態が続き、商品とおカネの流れを同時に考えることができる人材が育っていないからである。

次ページ99%の人はおカネのことを知らずに仕事
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。