格差社会の衝撃 リチャード・G・ウィルキンソン著/池本幸生他訳

格差社会の衝撃 リチャード・G・ウィルキンソン著/池本幸生他訳

格差、不平等というと、とかく所得の絶対水準格差にばかり目がいきがちだが、本書では健康格差、寿命格差をキーワードとしてむしろ主題にする。

経済発展によって所得が向上し、絶対的な物質欠乏が解消されると、「疫学転換」という健康指標の一大変化が起こる。たとえば、死亡率の上下は、乳幼児の古いタイプの感染症ではなく、高年齢層の心臓病やガンといった変成疾患が主要因になり、同時に、「贅沢病」は貧困層に広がり、心臓病や肥満の分布は富裕層と逆転する。また豊かな国になると、平均寿命は経済成長の変化に反応しなくなる。

本書は、平等が健康を促し、不平等は富める者も不健康にする現実を冷静なタッチで事例豊富に分析する。不平等は、富める者もストレスに満ちた人生に陥らせかねないようだ。

原著は2005年の刊行で、データもほぼ1990年代までのものに基づくが、その現在を見通した論証の確かさに驚かされる。

書籍工房早山 1995円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。