一等地のオフィス街に増殖中、都心型データセンター人気のワケ


 「品川駅から徒歩7分。都心オフィスからも好立地」。高級マンションでなく、実はデータセンターの宣伝文句だ。ここ数年、東京23区内ではデータセンターが増加している。品川の大手電機メーカー跡地でも一部区画で2万平方メートル、7階建ての大規模施設が建設中だ。

データセンターでは企業のサーバーを預かり、保守管理や運用サービスを行っている。郊外や地方での運営委託も堅調だが、都心型増加を牽引しているのは、ポータルサイトの運営者やeコマース事業者だ。今年4月に都心部で3カ所目となるセンターを立ち上げた伊藤忠テクノソリューションズは「主要顧客のネット系企業は、データ抽出が戦略の要。週一度、自らセンターに足を運び購入履歴などを解析してマーケティングに役立てている」(DC事業企画室・事業開発部の唐木眞部長)と話す。

近年は、運営費用削減の一環でデータセンターにサーバーを移管する一般企業も増加。企業のIT投資削減でシステム事業者が冬の時代を迎える中、データセンター事業は今後4年間で約12.7%の伸びが見込まれている(IDCJapan調べ)。ITバブル崩壊後は供給過剰に陥った都心型センターだが、現状はほぼフル稼働にある。ネット事業者の拡大と共に、新規センター開設が続きそうだ。

(麻田真衣 =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。