松下からパナソニックへ 世界で戦うブランド戦略 大河原克行著

松下からパナソニックへ 世界で戦うブランド戦略 大河原克行著

昨年10月1日に、松下電器産業は、パナソニックへと社名を変更。創業90周年を迎えた同社が、創業者である松下幸之助氏の名を、社名から取りはずすとともに、日本国内では長年親しまれてきた「ナショナル」のブランドを廃止する大きな決断だった。

なぜパナソニックは、社名を変更し、ブランドを「パナソニック」に統一したのか。本書は、大坪文雄社長をはじめとする取材による臨場感あふれる内容で、社名変更までの決断を追い、その狙いを明らかにした。子会社を含むすべてのリソースを「パナソニック」の名のもとに集中させることで、創業100周年には世界ナンバーワンの電機メーカーを目指す。そのための地道な改革が始まっている。

アスキー新書 780円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。