東京「進化」論 伸びる街・変わる街・儲かる街 増田悦佐著

東京「進化」論 伸びる街・変わる街・儲かる街 増田悦佐著

楽しむ、住む、働く、起業する。それぞれの目的で満足できる東京の街はどこか。学者から建設・不動産アナリストに転じ、「街歩き」の達人としても知られる著者が、「気づいていない角度から」街の姿を伝え、それを探った。

自由が丘、田園調布などイメージのよい「派手街」よりも、住みやすい「地味街」に人気が集まるのが近年の傾向であり、ブログの街案内の情報を使い、人々が街を実体験していることが影響したと分析する。おたくの聖地の秋葉原や中野の一段の発展、変身の予感のある新橋など、意外な街の素顔が浮かび上がる。

実は「断固として何でもアリ、誰でもコイの混沌状態」が東京の魅力、それを楽しもうと呼びかける。

朝日新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。