歴史を「本当に」動かした戦国武将 松平定知著

歴史を「本当に」動かした戦国武将 松平定知著

歴史を動かした戦国武将といえば信長や秀吉、家康の名が挙がる。しかし彼ら一人で歴史を作ったわけではない。彼らの活躍のカギを握ったのは名参謀、優秀で忠誠を尽くす「ナンバー2」の存在だ。

NHKの人気番組「その時歴史が動いた」のキャスターを9年間務めた著者が、真の意味で歴史を動かした戦国「ナンバー2」武将、黒田官兵衛、直江兼続など7人のエピソードを紹介。パワフルで時に気まぐれな主君を支え、卓抜した判断力とアイデア、行動力で組織のかじ取りを行う彼らの存在があったからこそ、リーダーはリーダー足りうることができ、歴史は動く。その能力や知恵、知略から現代のビジネス社会にも役立つ「成功のヒント」を学ぶ。

小学館101新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。