新型検索が続々と登場 迎え撃つグーグルの自信

新型検索が続々と登場迎え撃つグーグルの自信

「ウェブはサイズが拡大しているだけでなく、内容も豊かになっている。検索サービスの進化は終わらない」--。約1年ぶりに来日した米グーグルのマリッサ・メイヤー副社長は自信たっぷりな面持ちでこう語った。

検索技術部門を担当するメイヤー氏は、グーグル草創期の1999年に入社。同社の発展を支えてきたキーパーソンの一人でもある。会見では「フュージョン・テーブルズ(複数のデータベースを融合できるサービス)」や「ボイス・サーチ(音声認識の検索)」など、開始間もないサービスを披露した。

一方、強力な個性を持った検索サービスが登場していることにも言及した。「新しい考え方に基づく検索サービスが次々に生まれており、この2~3カ月は、これまででいちばん興奮している」(メイヤー副社長)。

たとえば、英国生まれの科学者スティーブン・ウルフラム氏が開発した「ウルフラム・アルファ」。5月18日から一般公開されており、「史上初の計算知識エンジン」と称するように、データ利用や組み合わせ表示に強みを持つ。「GDP Japan」と入力して検索すれば、日本の過去のGDP推移が時系列グラフで表示される。また、「GDP Japan/China」とすれば、日本と中国のGDPの倍率がグラフ化される。キーワードだけでなく、自然文の検索にも対応している。

グーグル最大の敵であるマイクロソフトも、米国内シェア10%(グーグルは60%以上)という劣勢を挽回するべく、6月1日に新検索サービス「Bing(ビング)」を開始。自社開発の検索エンジンとしてはこれが3代目。今回は、買い物、地域情報、旅行情報、医療情報の4カテゴリを集中的に強化した。総合的なサービスを行いつつも、特定分野の強みを際立たせることで、グーグルの牙城を切り崩そうという狙いがある。

だが、これら新型エンジンに対しメイヤー副社長は「詳細に研究している」と言う。確かに、最近のサービス展開を見ると、ウルフラム、ビングを意識した新サービスも目立つ。競合サービスを警戒しつつ、優れた点を素早く取り入れようとする柔軟性を持ち合わせているかぎり、世界検索シェア7割に及ぶグーグルの地位は簡単に揺らぎそうもない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。