「アメリカ社会」入門 英国人ニューヨークに住む コリン・ジョイス著/谷岡健彦訳

「アメリカ社会」入門 英国人ニューヨークに住む コリン・ジョイス著/谷岡健彦訳

アメリカ人は階層が下の人と交わらないで済むようにする。富裕層はゲーティッド・コミュニティや地価の高い郊外、ガードマン付きマンションに住み、通うのは地位共通の一流スポーツジムに限る。出かけるビーチで、社会的地位もわかる。たとえばニューヨークなら西北に160キロメートル離れたハンプトンズに別荘を持つのが資産家の証明だ。

アメリカでは低収入にあえぐ人々自身も、富裕層に対してやさしい。というのも、彼らは富裕層の暮らしぶりを、自分もしくは自分の子どもたちがいつの日かたどり着ける目標と見ているからだ。

「チューインガムを発明し、マイナーなスポーツに興じる」アメリカ社会の謎解きに英人ジャーナリストが挑む。

NHK出版生活人新書 777円

「アメリカ社会」入門-英国人ニューヨークに住む (生活人新書)
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。