航空券を買うのに「お得な曜日」はあるのか

それでも安い航空券を手に入れるには?

お得に航空券を手に入れる方法とは?(写真 :photoman / PIXTA)

激安航空券が市場に出回る「特別な日」は存在するのか。

火曜日、と答える人は多い。昔から旅行サイトやメディアが、そう騒いでいるからだ。いや、旅行の達人が水曜日だと言っているのを聞いた、という人もいるかもしれない。オンライン旅行サイト大手の「エクスペディア」と、旅行代理店向けの航空券決済会社の「エアラインズ・リポーティング」は昨年12月、いちばんお得なのは週末だと断言した。

いったい、どれが本当なのか。

「こういうデタラメな情報の息の根を止めたい」と言うのは、航空券情報サイト「エアフェアウォッチドッグ・ドットコム」の創業者ジョージ・ホビカだ。彼は過去20年以上、1日も欠かさず、メジャーな路線の航空券価格をチェックしてきた(ネット環境のない僻地に旅行しているときは別だが)。

価格は祝祭日やイベントによって変動

ホビカによると、航空券の価格は非常に多くの要因によって変わる。だから、「お得なチケットが買えるのはこの日」と断言することはできない。路線の人気はもちろん、その路線でいくつの航空会社が飛行機を飛ばしているか(あるいはやめたか)、現地の祝祭日やイベント(党大会やスーパーボウルなど)も影響を与える。

最近、3月のある1週間を調べてみたところ、ニューヨーク・マイアミ間の往復チケットは、最安値が174ドル、最高値が314ドルだった。最近は、料金カレンダーが表示されるし、「カヤック」や「トラベルズー」のようにお得情報を知らせてくれるサービスもある。こうした情報が出てくるのも、特定の曜日と決まっていない。

ホビカによると、ヴァージン・アトランティック航空は最近のある木曜日、ニューヨーク(またはニューアーク)・ロンドン間の直行便の冬季価格を、往復504ドルに引き下げた。少し前まで、エコノミークラスのチケット代は900ドルだったが、800ドルに下がり、その後少し持ち直してから、さらに680ドルまで下がった。

次ページ「フライトの質」も忘れてはならない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。