「他人のイクメン話」を夫にすべきでない理由

男性の「産後うつ」を上手に切り抜ける方法

「お腹を痛めていない」パパも苦しんでいます(写真:Halfpoint / PIXTA)

出産直後の大変な時期、「パパが育児に非協力的……」と嘆くママは多いもの。でも、その思いをパパにぶつけても、事はすんなりとは進みません。むしろ逆にヘソを曲げてしまう可能性大です。協力的でないパパをやる気にさせるには、どうしたらいいのでしょうか?

今日は、子どものココロ専門の育児相談室『ポジカフェ』を主宰する筆者が、パパのやる気をUPするコツをお伝えします。 

スロースターターが「ロケットスタート」する難しさ

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

ママが抱える育児の悩みとは違った悩みをパパたちは抱えています。

女性が、妊娠初期から出産までの月日をかけてママへの自覚を徐々に高めていくのに対し、男性は、生まれてきたわが子の顔を見た瞬間にパパの自覚が芽生えると言われています。実際、「出産まであまり実感がなかった」というのはよく聞く話。

生まれてきた瞬間に、一気にパパとしての現実に放り出されるために、とまどいが生まれます。スロースターターが、ある日、“ロケットスタート”を決めなくてはいけない……。これがパパという立場の難しさです。

次ページパパにも産後うつがある
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。