香港の大規模衝突で64人逮捕・37人起訴、負傷者は130人超

負傷者は130人超に

 2月11日、香港で起きた市民と警官隊との大規模な衝突に関与したとして逮捕された64人のうち、37人が起訴されたことがわかった。9日撮影(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 11日 ロイター] - 香港で起きた市民と警官隊との大規模な衝突に関与したとして逮捕された64人のうち、37人が11日に起訴されたことがわかった。

香港九竜地区の繁華街、旺角(モンコック)で9日早朝、屋台を撤去する当局の措置に反発した市民のデモが、レンガを投げつけたりゴミ箱に火をつけるなど暴徒化。2014年末に警察が民主派デモ隊を強制排除して以来、最も大規模な衝突となった。

この衝突で130人以上が負傷した。

警察の発表によると、「暴動」に関与したとして起訴されたのは、15歳から70歳までの男女38人。うち15歳の1人は12日に少年裁判所に送られる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。