世界の「サメ被害」、2015年は過去最多の98件

人とサメ双方が増えていることが要因

 8日、2015年のサメによる被害は98件となり、2000年に記録した過去最高の88件を更新したことが明らかになった。 写真は2015年11月24日撮影(2016年 ロイター//David Gray)

[オーランド(米フロリダ州) 8日 ロイター] - 2015年のサメによる被害は98件となり、2000年に記録した過去最高の88件を更新した。人とサメ双方が増えていることが要因という。

8日に公表された「国際サメ被害目録」(ISAF)によると、死者は6人で、ハワイでシュノーケルをしていた人が1人、インド洋上のレユニオン島沖で2人、このほかオーストラリア、エジプト、ニューカレドニアで各1人となっている。

ISAFを統括するジョージ・バージェス氏は、15年の死亡例は前年の2倍となったが、過去10年の平均水準とほぼ同じだったと分析した。ISAFは1958年に開始され、現在は米フロリダ大学内でまとめられている。

バージェス氏は被害増加の原因として、サメと人の両方が増えていることを挙げた。また、海水温の上昇でサメの生息範囲が拡大し、米国での被害海域が北上していると指摘した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。