口内炎が治らない…改善の糸口は食事にある

ポイントは「ビタミンB2×ビタミンC」!

つらい口内炎…ケアにつながる食事法とは?(写真:Taka / PIXTA)

疲れた時に食事をしていると、思わず舌や頬の裏、唇の内側などを歯でガリッと噛んでしまい……、そこから口内炎ができてしまったという経験は、誰しもあることでしょう。

1、2週間痛みが続く場合もありますし、話すのはもちろん、食事、歯磨き、うがいをするのも一苦労ですよね。なかなか防ぎようのない事態かもしれませんが、一日も早く治す「改善食」はあるのでしょうか?

細菌や食べ物カスが原因で悪化することも!

この連載の過去記事はこちら

口内炎ができる原因は、はっきりとはわかっていないのですが、一般的な口内炎のほとんどが「アフタ性口内炎」というものに分類されます。

冒頭のように、飲食や会話中に、ご自分の歯で口内の粘膜質を噛んで、損傷を与えた場合や、薬の副作用、ストレスによる免疫力低下、また食事の栄養の偏りなども原因の一つと考えられています。多くの場合、患部は円状に白っぽくなるのが特徴です。

またウイルス性の口内炎もあり、これは体内に潜むヘルペス菌やカンジダ菌の増殖や、外気からのウイルス感染が原因と考えられています。口内炎ができたうえに発熱がある場合は、この「ウイルス性口内炎」の可能性が高いので、医療機関で診てもらうようにしてください。

「アフタ性口内炎」であっても、その後、外気や体内の細菌、食品の食べ物カスが原因で悪化する場合があるので、口の中を清潔に保ち、マスクなどで外気が口内に入らないよう、気を付ける必要があります。

次ページ冷たいもの、アツアツのもの、どちらもNG!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。