アルジャジーラが挑む「分散型戦略」の全貌

フェイスブックで視聴回数22億回を叩きだす

衛星テレビ局「アルジャジーラ」が配信するスマホアプリ、「AJ+」とは?
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

カタールのドーハに拠点を構える衛星テレビ局のアルジャジーラ(Al Jazeera)は、2014年末にデジタル配信のみに特化した、「AJ+(エージェープラス)」というスマートフォン用のニュース配信アプリをローンチした。

アルジャジーラにとって大きな賭けとなった、このアプリ。Facebookなどのプラットフォームを中心に、オーディエンスの育成を行う戦略が採られた。社会問題に限定された配信コンテンツは、短い尺の動画にまとめられ、共有も容易にできるうえ、消音にしていても内容が理解できるようになっている。モバイル機器での視聴を考えて作られているのだ。

Facebookでも人気のパブリッシャー

この戦略により、「AJ+」はすべてのプラットフォームでオーディエンスを集めることができた。「AJ+」のコンテンツ製作チームは、1週間で約50本もの動画を製作するが、その動画の多くは、どれも尺が1分ほどと短い。280万もの「いいね」を獲得しているFacebookでは、2015年、22億回もの動画再生回数を記録している(Facebookの動画のおよそ半分は、尺が30秒ほどとなっている)。

アナリティクス企業チューブラー・ラボ(Tubular Labs)の2015年11月の発表によると、「AJ+」はFacebookで7番目に人気のあるパブリッシャーとなっていて、分散型メディアの代表格「NowThisNews」の背後に位置しているという。

次ページ「オーディエンス中心に考える」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
アマゾン膨張<br>追い詰められる日本企業

国内売り上げが1.2兆円に達したアマゾン。新サービスが続々と提供される一方で、物流、出版…その膨張ぶりを受け止めきれない企業も多い。敵か、味方か。その戦略の全貌に迫る。