490円商品も拡充! ファストリ傘下のジーユーが「990円ジーンズ」に続く超低価格商品発売

490円商品も拡充! ファストリ傘下のジーユーが「990円ジーンズ」に続く超低価格商品発売

ファーストリテイリング傘下の「ジーユー」が3月の「990円ジーンズ」に続く超低価格商品の「第2弾」を発表した。今回の肝は大きく言って2つ。一つ目はジーンズ以外の990円商品のラインナップを増やすと同時に、夏に向け490円商品を拡充すること。これによって今夏はジーユーで販売される約500品目のうち、約5割の商品が1000円を下回る「3ケタ価格」となるという。

2つめは女性向けだけでなく、子どもを持つ家族向けの提案を強化することで、顧客層の拡大に乗り出したことだ。「4人家族でも合計1万円以下で旬なデイリーファッションがそろう」というアピールは「新しい顧客の創造」に長けるファストリグループならではの戦略。今回、ジーユーのメインキャラクター的存在であるタレントの真鍋かをりさんに加え、お笑い界からクワバタオハラを「応援団」に加えたのもその一貫だ。今月結婚を控え、将来は「家族キャラ」にもなるくわばたりえ氏と、「婚活中」の小原正子氏、という位置付け。「応援団」投入でより親しみのあるブランドイメージを浸透させる狙いだ。

3月に発売した990円ジーンズは計画の2倍を上回る年間100万本のペースで売れている。この集客効果もあり、ジーユーの既存店は3月以降、3カ月連続で前年同月比70%以上の売り上げを記録中だ。総合スーパーが低価格衣料に本格的に取り組み始めるなど、低価格競争は厳しくなっているが「市場が活性化することはいいこと」(ジーユーなどの低価格ブランドを統括するGOVリテイリングの中嶋修一社長)と同社は動じる様子もない。

なお、ファストリは同日に主力のカジュアル衣料店「ユニクロ」の5月の売り上げを発表。主力の国内ユニクロの既存店売上高は前年同月比で18・3%増と絶好調を維持した。ブラと一体化したインナーである「ブラトップ」などが引き続き業績を牽引。気温が高く推移したことも追い風となった。完全子会社化するリンクセオリーホールディングスなどの不調があるものの、同社の09年8月期の業績は、同社修正計画である営業利益1010億円を上回る可能性が高い。「東洋経済オンライン」では現段階では予想を据え置くが、今後も月次などを見ながら適宜予想を修正する。

(福井純=東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。