NFLスーパーボウル、今年のテレビCMは?

「広告の祭典」に賭ける小さなブランドたち

広告主たちは、ビッグゲームと共にスポットライトを分かち合えることを期待して、今週末のスーパーボールで30秒のスポットに500万ドルを支払っている。

ビール業界にとって、スーパーボールは常に大きな存在だ。今年のバドライトのCMではコメディアンのエイミー・シューマーとセス・ローゲンが起用された。

大きなものから小さなものまで、今年のビッグゲームではたくさんの新人たちがデビューを飾る。

Ad Age TV レポーターの ジェイニー・ポッジは次のように言う。「これまで一度もスーパーボールで広告を出していなかった、アマゾンやコルゲートなどの一流ブランドがたくさん参入してきています。またApartments.com、Quicken Loans、SoFiやSunTrustといった、より小さな企業の名前も見られます。ビッグゲームに参加したい思っている小さなブランドたちです。こういった小さなブランドは、ここ数年の傾向よりも多く見られます」

起亜自動車(KIA)は、俳優のクリストファー・ウォーケン主演のスポット、「ウォーケン・クローゼット」がビッグゲームを超えて広がりを見せることに期待している。KIAはIBMのワトソンのテクノロジーを用いて、ソーシャルメディアで影響力のある人たちを識別した。そして、ハッシュタグ#AddPizzazを使ったコンテンツを作ってもらうために、CMと同じカラフルな靴下を彼らに送った。

KIA米国法人の最高執行責任者は次のように言う。「靴下は今とてもクールでおしゃれなので、様々な環境でCMの靴下を履いた人たちが見られます。さらに、それだけではなく、彼らのアーティスティックな側面も見ることができるのです」。

そして、かわいい動物たち無しではスーパーボールは始まらない。ハインツには走るホットドッグの群れがいる。また、コールドプレイとビヨンセは、ホンダが提供する可愛らしい歌う羊の群れと歌唱部門で共演する。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。