台湾南部の地震、震源浅く被害が拡大

17階建てのアパートが倒壊

 2月6日、台湾の台南近郊でM6.4の地震が発生した。写真は台南で被害を受けた建物で救出作業にあたる隊員ら。同日撮影(2016年 ロイター/Pichi Chuang)

[台北 6日 ロイター] - 米地質調査所によると、6日未明、台湾南部の台南近郊でマグニチュード(M)6.4の地震が発生した。震源は台南の南東43キロ付近。震源の深さは10キロと、比較的浅かった。

地元消防によると、台南の17階建てアパートが崩壊、現時点で123人が救出された。消防当局者は、アパートには60世帯が入居、240人ほどが住んでいる可能性があると指摘した。

地元報道によると、複数の建造物が崩壊した。ただ、死者の情報は現時点で入っていない。

台湾の中央気象局によると、最初の地震発生から約30分後、M3.8以上の余震が5回以上観測された。

震源の浅さが、被害を拡大させた可能性も指摘されている。

台南市政府の高官はロイターに対し、緊急対応チームを結成したなどと説明している。

*写真を追加して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
トランプ相場に乗れ! <br>超成長株・優良株350

日経平均2万円突破は秒読み。米国株も最高値圏が続く。今年の上昇銘柄を見逃す手はない。いま仕込む日米両国の株・投信を紹介。初心者向けに「今年から始める米国投資」も掲載。