バクチと自治体 三好円著

バクチと自治体 三好円著

地方競馬、競輪、競艇、オートレースは「公営ギャンブル」と呼ばれる地方自治体が主催している「バクチ」だ。戦後間もなく破たん寸前だった地方財政の財源として編み出され、その収益がなければ日本の復興は10年は遅れていたかもしれないと、フリーライターとして地方競馬の年史執筆に携わった著者は指摘する。しかしバブル崩壊後は売り上げも半減し、現在では税金によって救済される立場となり廃止が相次ぐ。

GHQの介入を乗り越えて庶民の娯楽として定着し、“胴元”の自治体に多額の収益をもたらした公営ギャンブル。知られざる歴史をひもとき、当初の役割を終えつつある中でのあり方を根本から問うユニークな社会史。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。