「不器用な独女さん」はこうやって結婚した

外資美女、38歳でガテン系男子と「特急婚」

不器用な外資系独女さんが選んだ結婚とは?(イラスト:堀江篤史)

35歳以上で結婚をした「晩婚さん」を訪ね歩く本連載も、そろそろ40人目に到達する。毎回読んでくれている人もいるようで、関西在住の女性読者から「自分たち夫婦を取材してほしい」という依頼が東洋経済新報社のお問い合わせ窓口を通じてあった。ありがたいことだ。一部を抜粋する。

<私は昨年38歳で結婚いたしました。毎回こちらの記事のアラフォーまで結婚しなかった、できなかった方々の習性を読むにつけ自分を重ね合わせて苦笑いしておりました。また同時にそんな人たち(私も含めて)も少し考え方や行動を変えて、きっかけをつかめばパートナーを見つけることができるんだ、ということも改めて感じました。私たち夫婦も少しのきっかけから巡り合いました。以前の私のような不器用な独女さんの背中を押すような話ができればと思っております。現在は今年産まれた息子の育児休暇中のため平日の昼間ならいつでも時間が取れます>

温かみを感じられる丁寧な文面に筆者は心惹かれた。すぐに連絡を取り、平日のランチタイムに大阪のホテル内にあるフレンチレストランを予約。約束の時間よりも少し早めに現れた山中裕子さん(仮名、39歳)は、目鼻立ちのくっきりした華やかな雰囲気の美人だ。

生後7カ月の息子は離乳食をとり始めており、授乳もさきほど済ませて来たので、「今日は軽く飲める」とのこと。なかなか豪快な性格の女性らしい。シャンパンをグラスで注文し、話を聞くことにした。

35歳の告白への「残酷な返事」

この連載の過去記事はこちら

大手外資系企業で働いている裕子さん。専門職として長く働いていく意思があり、育児休暇を終えてからのキャリアを真剣に模索している。一方で、出産するまでは合唱サークルの活動にも積極的に参加。毎年、仲間たちとアメリカの音楽フェスに行くなど、独身生活をエネルギッシュに謳歌していた。

「時間にもお金にも余裕があって、すごく自由で楽しかったです。週5で飲んでいました(笑)。でも、どこかでむなしさも感じていました」

自分と同じように遊び好きな男性に惚れ込むことが多かったという裕子さん。35歳のとき、音楽とお酒で意気投合した2歳年下の男性に恋をした。1年間は片想いを続け、「付き合ってみませんか」と自ら告白。彼の答えはやや残酷なものだった。

「あなたとは付き合えません。僕はまだ結婚する気がないから」

次ページ「土俵にも上がれない」と大ショック
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。