米製薬大手、ジカ熱のワクチン開発を検討 

既存技術応用など調査

 2月3日、ファイザーなど米製薬大手3社は、ジカ熱ワクチン開発の可能性を検討していると明らかにした。写真はブラジルで殺虫剤を散布する担当者。2日撮影。(2016年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[3日 ロイター] - ファイザー<PFE.N>など米製薬大手3社は、ジカ熱ワクチン開発の可能性を検討していると明らかにした。

ファイザーは既存ワクチンのジカ熱への適用を調査しているほか、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>は利用可能な技術をジカ熱にも応用できないか研究している。

エボラ出血熱ワクチンの開発を最初に成功させたメルクも、同社の技術が応用できないか、公衆衛生分野のパートナーと連携して取り組んでいるとしている。

世界保健機関(WHO)は中南米などでジカ熱感染が急拡大しているとして緊急事態を宣言。前日には米テキサス州ダラス郡で、ジカ熱が人から人に感染した事例が報告された。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。