日本の電機産業に未来はあるのか 若林秀樹著

日本の電機産業に未来はあるのか 若林秀樹著

日本の電機業界が総崩れに陥っている。売り上げ、雇用とも最大の産業だけに影響は大きい。原因は自動車業界同様の米国発金融危機を引き金にした世界同時不況のように見えるが、主因は劇的な構造変化にあると本書は断じる。「デジタルバブル崩壊」が大手家電・民生電機業界の体制崩壊を促し、新たな業界再編は必至と見取り図を描く。

何より問題なのは、「2010年以降の成長分野、新市場がはっきりと見えてこない」こと。確かに一つの技術が生まれて、実用化し、本格離陸するには10年かかる。液晶やフラッシュメモリ、リチウム2次電池が現れ、デジカメ、フラットTVなどとして離陸していくのにほぼ10年を要した。

当面は、途上国のITインフラ整備期待が頼みであり、有望といわれるエコ関連品も補助金依存から簡単には脱せそうもない。

著者は電機アナリスト歴20年余。現在は投資側に転じているが、冷静な目で業界の今後を見通す。

洋泉社 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。