鳩山代表は党内で「猛獣」小沢氏に直言できる唯一の存在

鳩山代表は党内で「猛獣」小沢氏に直言できる唯一の存在

塩田潮

 民主党の鳩山新代表は1986年の総選挙で政界入りし、現在当選7回である。そのとき、小沢前代表は当選7回、大臣も経験済みで、田中派の選挙担当責任者の総務局長の座にあった。将来の総裁候補と目される自民党の中堅リーダーで、すでに「猛獣」だった。
 鳩山氏の行動が初めて注目を集めたのはそれから7年後の93年の自民党離党、さきがけ参画だ。小沢氏も同時期、自民党を離党して新生党を結成する。その頃、2人はともに党の代表幹事として非自民連立政権の与党代表者会議で顔を並べた。

 ところが、キャリア、パワーの差は歴然としていて、格違いだった。当時を振り返って、鳩山氏は「小沢さんに声をかけても相手にされなかった」と笑いながら語った。だが、96年に鳩山氏が民主党を旗揚げした頃から両者の関係が大きく変化する。「猛獣」は新進党解体、自由党結成、自自連立の失敗と迷走を続けた。連立離脱の前、小沢氏の自自新党計画が破綻したとき、鳩山氏は「いよいよ小沢さんも政治家として終焉を迎えているのでは」と言い放った。

 漂流を続けるその小沢氏に、「民主党に」と最初に声をかけたのは鳩山氏だ。民主党入りした「猛獣」は、しばらく檻に入って静かにしていたが、3年前に代表に躍り出た。
 猛獣ぶりを発揮して、党勢の急拡大に成功する。幹事長として下支え役に徹した鳩山氏は、はた目には「猛獣」の鼻息をうかがう気弱な女房役と映った。
 だが、一方で、「途中入社の雇われ社長」と創業者という力学が働いていて、鳩山氏は民主党内で「猛獣」に直言できる唯一の存在という面があった。これからの最重要テーマは、不本意ながら道半ばで降板した「猛獣」を、野に放たず、チーム内に取り込んだ鳩山代表のリーダーシップである。

 「猛獣使い」の腕を発揮して得点を上げるか、「猛獣」に尻尾を振るだけのおとなしい猫に堕して「傀儡」イメージを振りまき、失点を重ねるか。その点の考察は次回にゆずろう。
(写真:今井康一)
塩田潮(しおた・うしお)
ノンフィクション作家・評論家。
1946(昭和21)年、高知県生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科を卒業。
処女作『霞が関が震えた日』で第5回講談社ノンフィクション賞を受賞。著書は他に『大いなる影法師-代議士秘書の野望と挫折』『「昭和の教祖」安岡正篤の真実』『日本国憲法をつくった男-宰相幣原喜重郎』『「昭和の怪物」岸信介の真実』『金融崩壊-昭和経済恐慌からのメッセージ』『郵政最終戦争』『田中角栄失脚』『出処進退の研究-政治家の本質は退き際に表れる』『安倍晋三の力量』『昭和30年代-「奇跡」と呼ばれた時代の開拓者たち』『危機の政権』など多数
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
マツダ<br>理想への遠き道のり

広島東洋カープのリーグ優勝の陰で国内販売が急失速したマツダ。エンジンやデザインにこだわり、商品力を高め、2015年度の世界販売は過去最高を記録。勝ち組に何があったのか?

  • 新刊
  • ランキング