「父の日・母の日行事」は、廃止すべきなのか

一人親の家庭に"配慮"する保育園や幼稚園

父の日・母の日の行事は廃止すべきなのでしょうか?(写真:msv / PIXTA)

今や1分49秒間に一組のカップルが離婚すると言われている時代、幼い子どもをママ一人、パパ一人で育てている家庭も多くあります。周りにそんな“ワケあり”な人がいると家族の話やパパの話をするのもつい躊躇してしまうかもしれません。

でも、実際、当事者はどう思っているのでしょうか? そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がお話します。

「父の日・母の日」を廃止する園の事情

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

近年、一人親など複雑な家庭事情を抱える子どもが増加の一途をたどるため「子どもが悲しい思いをしないように」と父の日、母の日を失くしている保育園や幼稚園も多くなっています。

「父の日」「母の日」はもともと、日頃の労をねぎらい感謝の気持ちを伝える日としてアメリカから伝わりました。

保育園で子ども達から両親に日頃の感謝の気持ちを込めて、母の日、父の日にママ、パパの顔を描かせることがあります。そんなときシングルマザーに配慮して、母の日、父の日、勤労感謝の日など、特に相手を指定することなく自由に絵を描かせている園もあります。

すると、それぞれの日の行事の特徴はなくなり、毎回「誰でもいいので好きな人の顔」になってしまいます。母の日、父の日は、もう時代に合わなくなってきたということでしょうか。

次ページシングル家庭であることには変わりがない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。