米国で飼育放棄の犬や猫など約700匹を保護

民間動物保護施設が飼育放棄

 1月30日、米ノースカロライナ州レイフォードにある民間動物保護施設(シェルター)の経営者2人が動物虐待や規制薬物所持の容疑で逮捕・訴追された事件があり、不潔な環境に置かれていたこの施設の犬や猫、馬などの動物約700匹がこのほど救出された。提供写真(2015年 ロイター/ASPCA/Stacey Axelrod/Handout via Reuters)

[30日 ロイター] - 米ノースカロライナ州レイフォードにある民間動物保護施設(シェルター)の経営者2人が動物虐待や規制薬物所持の容疑で逮捕・訴追された事件があり、不潔な環境に置かれていたこの施設の犬や猫、馬などの動物約700匹がこのほど救出された。

地元保安官事務所によると、1月27日に逮捕されたのはスティーブン・スピア容疑者(67)とリンデン・スピア容疑者(59)。両容疑者は無認可で敷地面積122エーカー(約0.49平方キロメートル)に及ぶ動物向けシェルター「ヘブン・フレンズ・フォー・ライフ」を運営していた。

これを受け、アメリカ動物虐待防止協会は3日間で、劣悪な環境に置かれ、飼育放棄されていた約350匹の犬、280匹超の猫、47頭の馬のほか複数の家畜を保護。健康状態を調べたところ、傷を負ったり、衰弱したり、呼吸器系の病気を抱えたりした動物がいたほか、犬1匹は足を骨折していたという。

両容疑者は地元メディアによると保釈されているが、コメントを得ることはできなかった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。