トヨタ、提携戦略で克服すべき「上から目線」

ダイハツ「完全子会社化」の真の狙いとは

さらに「トヨタには自前主義が根強く残っている。小型車を(ダイハツに)お任せするということでも、社内にわれわれにも(小型車の)歴史やノウハウがあるというのもある。だが、もっといい車を作ろう、といったときにダイハツと一緒にやることで違った景色が見える」

これらの発言はトヨタ社内へ向けたメッセージであり、豊田社長の問題意識が見て取れる。

スズキとの関係は言及なし

一方、提携交渉が報じられているスズキについてはコメントを避けた。トヨタとスズキの提携交渉入りを日本経済新聞が一面で報じたのは1月27日の朝刊。これに対し「提携交渉に入ったという事実はありません」(スズキ)、「そのような事実はありません」(トヨタ)と両社とも否定したが、メディアの報道は続いている。

スズキの鈴木俊宏社長は、トヨタとの「交渉」に進むのか(撮影:今井康一)

実際、トヨタとスズキが提携について検討していることは確かだが、現時点では具体的な条件を詰めるところまでは行っていない。「交渉」の定義によるが、「検討はしていても交渉はしていない」というのが実情に近いのだろう。

スズキとの話が進むにしろ、停滞するにしろ、ダイハツのライバルであるスズキといきなり深い関係を築くのは難しい。トヨタの狙いとして挙げられるインドでの提携にしても、スズキの鈴木俊宏社長が「大黒柱」と位置付けるインド市場に、わざわざトヨタという"虎"を招き入れることに力を貸すだろうか。あってもスズキがOEMでトヨタに協力する程度と考えるのが妥当だ。

ダイハツとの完全子会社化にも50年かけたトヨタ。スズキとの関係強化も長期スパンで考えているに違いない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?