理系のための法律入門 井野邊陽著

理系のための法律入門 井野邊陽著

たとえば、パソコンはありとあらゆる知的財産権で構成されている。パーツに分けて権利と対応させてみると、(1)画像処理装置やデータ処理装置に関する発明(特許権)、(2)ディスプレイの形状、構造などの考案(実用新案権)、(3)キーボードのデザイン(意匠権)、(4)半導体チップのレイアウト(集積回路配置利用権)、(5)コンピュータプログラム、ディスプレイ上の画像(著作権)、(6)「SONY」などの表示(商標権、商号権、不正競争防止法上保護される利益)という具合だ。

知的財産、製造物責任、公益通報、表示規則、さらに契約と民事責任などに関し、研究・開発・設計業務において法律上注意すべき事項を中心に弁護士が紹介する。

ブルーバックス 1197円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。