バフェットの財務諸表を読む力 M・バフェット、D・クラーク著/峯村利哉訳

バフェットの財務諸表を読む力 M・バフェット、D・クラーク著/峯村利哉訳

本書は、著名投資家で、投資持ち株会社バークシャー・ハサウェイのCEOであり、慈善家の顔を持つウォーレン・バフェットの利殖術を、企業の財務諸表の読み方としてわかりやすく具体的にまとめたもの。

バフェットは長期的な視点での投資戦略を得意とする。そのキーワードは「永続的競争優位性」であり、それを「一貫性」として持つ優良企業を丹念に調べ上げ選び出す。損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書においてその評価のポイントが示される。

たとえば、損益計算書でそのキーワードにマッチしている企業は、「高い粗利益率」でかなりわかるという。また、多額の研究開発費は「先天的欠陥」を内包し、「法人税は真実の語り部」と強調する。さらに随所でGMなどを「凡庸な企業」の代表として例証する。

バフェットは2008年に世界一の長者になった(米『フォーブス』)が、地道な努力こそ投資の王道と示唆しているようでもある。

徳間書店 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。