新型インフルエンザの世界的流行に冷静な対応を!

北里大学医学部衛生学公衆衛生学 和田耕治

フェーズ5、国内発生はないが……

 2009年4月30日現在、WHO(世界保健機構)は新型インフルエンザの警戒フェーズを5としている。フェーズ5とは、「かなりの数のヒト−ヒト感染があることの証拠がある」という状態である。
 我が国では昨年度に新型インフルエンザ対策を推進したおかげで、体制はある程度できていた。それが、政府の初動の迅速さと、我々が冷静さを保てていることにつながっているかもしれない。
 フェーズ5といっても国内発生は今のところ確認されていない。それゆえ、我が国の行動計画では第1段階である。この段階については内閣官房から出された行動計画に示されているため確認しておきたい。

・新型インフルエンザ対策行動計画
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/kettei/090217keikaku.pdf

(出典:新型インフルエンザ対策行動計画)<画像クリックで拡大>
 長期的にみても、国内へのウイルスの流入は避けられないであろう。我々は残念ながら影響をゼロにすることはできないが、影響を可能な限り小さくすることはできる。しかし、それは意識の高いヒトだけがやればいいことではなく、皆が一丸となって立ち向かうことが必要である。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。