カリフォルニアで崖っぷちアパートが危機に

海岸沿いの土地浸食が進行し住民が避難

 1月26日、米カリフォルニア州パシフィカで、エルニーニョ現象による嵐などの影響で海岸沿いの土地の浸食が進み、崖に突き出たアパートから住民らが避難を余儀なくされた(2016年 ロイター/Noah Berger)

[パシフィカ(米カリフォルニア州) 26日 ロイター] - 米カリフォルニア州パシフィカで、エルニーニョ現象による嵐などの影響で海岸沿いの土地の浸食が進み、崖に突き出たアパートから住民らが避難を余儀なくされた。

アパートは今にも太平洋に転落しそうな格好になっている。

3カ月前に越してきたばかりのマイケル・マクヘンリーさんは「2週間前はここでの暮らしを楽しんでいたが、嵐で浸食が始まってからは文字通り崖っぷちの生活だった。先週末はほぼ2日半眠ることができず、我慢の限界に達した」と心境を語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。