首位奪還の追い風か、消耗戦の前兆か……キリンビールが「第3のビール」新製品投入

首位奪還の追い風か、消耗戦の前兆か……キリンビールが「第3のビール」新製品投入

悲願の年間首位奪還の追い風となるか--。

キリンホールディングス傘下のキリンビールは、6月24日に「第3のビール」の新製品「コクの時間」を発売する。景気低迷下、低価格の第3のビール市場は急拡大中。これに伴い、消費者の味覚ニーズも多様化している、として、同じ第3の「のどごし<生>」とは違った味わいの製品を投入することで、すそ野拡大を狙う。

新製品の価格は、既存の第3と同水準の140円程度を想定。「のどごし」がキレのあるすっきり感を打ち出しているのに対して、「コクの時間」は原材料に麦を使っており、しっかりとしたコクや芳醇な香りが特徴。年内400万ケースの販売を目指す。
 
 節約志向が進む中、急成長が続く第3は今やビール各社の“主戦場”となっている。同分野はキリンが他社を圧倒。その原動力となっているのが「のどごし」だ。ビール大手5社がまとめた1~3月のビール飲料系の出荷量では、「のどごし」は前年同期比16.2%拡大。同分野におけるキリンのシェアは37.9%と、2位のアサヒビール(21.6%)を大きく引き離している。すでに同社の主要ブランド随一の販売量となった「のどごし」は、キリンの先行きを左右する存在になった、といっても過言ではないのだ。

一方で、3月にリニューアルしたビールの「一番搾り」が好調に推移しており、第3にお株を奪われつつある発泡酒でも「淡麗シリーズ」が踏ん張っていることなどもあって、1~3月ビール系飲料におけるキリンのシェアは37.7%と、四半期ベースで2年ぶりにトップを奪取した。新年度に入って幸先のいい出だしとなったわけで、最盛期に向け「コクの時間」を投入して、勢いのある第3にさらに拍車をかけ、通年でもシェアトップに返り咲きたい、という思惑だ。

ただ、第3で独走するキリンがここへきて新製品を投入するのには、もうひとつ理由がある。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。