去年より多く貯まる!性格別おカネの管理術

どこでつまずく?自分のタイプを把握せよ

自分に合った家計管理法を見つけましょう!(写真 :スムース / PIXTA)

2016年が始まり、「今年こそはおカネを貯めよう!」と決意を新たにしているママも多いと思います。その決意が年半ばで揺らいでしまわないようにするには、まずは自分のタイプを見極め、おカネの貯まる管理法を見つけるのがポイントとなってきます。

今回はファイナンシャル・プランナーである筆者が、ママのタイプ別に「昨年より1万円でも多く貯める」ための家計管理法を伝授します。

2人以上世帯の平均貯蓄額は?

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

総務省の家計調査によると、2014年の2人以上世帯の平均貯蓄額は、1798万円です。

「え~っ、そんなに!」と思うかもしれませんがこれは全世代の平均値。世帯主の年齢が20代では268万円、30代では610万円となっています。もちろんあくまで平均値。貯蓄額が100万円未満の世帯も20代で約3割、30代では約2割となっています。

同じ年代でもばらつきが大きいところを見ると、収入もさることながら家計管理ひとつで将来の貯蓄額が大きく変わってくる気がしますね。

次ページあなたはどれ?タイプ別家計管理法
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。