賛否両論「安楽死ジェットコースター」の衝撃

「安らかな死」は、本当に訪れるのか?

500メートルから落下するジェットコースター。行き先は…(画像はJulijonas Urbonas氏のHPより)

「そのボタンを押したら、楽に逝ける」。高度500メートルの高さで風を受けながら、あなたは一人きりで最後の選択を迫られる。あなたはジェットコースターの黒い椅子に座っているのだ。

最も高い位置にゆっくりと上がるまでの孤独な2分間に、自分の人生を振り返ったことだろう。そして、頂点で動きが止まり、最後の選択が自分に委ねられている。

「FALL」と印字されたボタンを押しさえすれば、そのジェットコースターは猛スピードであなたを黄泉の国に連れて行ってくれる。それが、『Euthanasia Coaster』(安楽死のコースター)だ。

10Gの重力加速度で「脳死」に至る

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

この『Euthanasia Coaster』は、遊園地のデザイナーでもあるJulijonas Urbonas氏が設計したジェットコースターだ。

まだ設計段階であり、実現はしていない。

 

作りは非常にシンプルで、500メートルの高さから一気に下ると、後は7回分の宙返りループが待ち受けているだけだ。乗り物も、黒い座席がひとつだけである。つまり一人乗りだ。

頂点から下るときは、毎秒100メートル(時速360キロ!)で落ちていく。その最高速度のままループに突入すると何が起きるのか。

10Gという強烈な重力加速度がかかることで、脳内の血液はすべて下半身に向かって移動してしまい、まず視覚を喪失し、すぐに脳低酸素症となり脳が窒息死する。

叫び声を上げている暇もないかもしれない。しかし、安らかな瞬死だ。

次ページ安楽死コースターに込められた「美学」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。