太陽系の外縁部に「第9惑星」がある可能性

地球の10倍の質量

 1月20日、米カリフォルニア工科大の研究チームが、海王星の外側に太陽系9番目の惑星が存在する可能性があると発表した。コンピューターシュミレーションで説明する同大のブラウン教授(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 20日 ロイター] - 米カリフォルニア工科大の研究チームは20日、海王星の外側に地球の約10倍の質量を持つ太陽系9番目の惑星が存在する可能性があると学術誌で発表した。コンピューターで分析したところ、この惑星は地球と太陽の距離の50倍以上離れた軌道を回っていると考えられるという。

これまでのところ、直接観測はされていない。

同大のマイク・ブラウン教授らは、天体が密集する太陽系外縁部の「カイパーベルト」という領域で、既に存在が確認されている他の天体への重力の影響を分析。この結果、新たな惑星が存在するとの予想に至った。

太陽系の第9惑星はもともと冥王星だったが、ブラウン教授らの研究によって、2006年に準惑星に降格となった経緯がある。同教授は「冥王星が惑星でないことに腹を立てる人も、まだ発見されていない惑星があることにスリルを感じるかもしれない」と話した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。