「スター・ウォーズ」次回作は2017年12月公開

2017年5月から延期

 1月20日、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」の次回作エピソード8の公開が2017年12月15日になると、米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーが20日発表した。写真は2015年12月の欧州プレミアの様子。(2016年 ロイター/Dylan Martinez)

[ロサンゼルス 20日 ロイター] - 人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」の次回作エピソード8の公開が2017年12月15日になると、米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーが20日発表した。当初は17年5月の公開が予定されていた。

夏休み中の公開はかなりの興収が見込めるものの、ディズニーは昨年12月公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の記録的な大ヒットを受けて、次回作の公開延期を決めたとした。

エピソード8はライアン・ジョンソン監督がメガホンをとり、今年2月からロンドンで撮影が始まる。エピソード7で新たに登場した主人公レイやフィン、ポー・ダメロンなどによる物語の続編とみられる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。