ニッポン宇宙開発元年--夢とビジネスの狭間で

北朝鮮は「試験通信衛星」の打ち上げと称し、ミサイルの発射を強行した。北朝鮮のロケットの第1段は日本海に、第2段は日本列島を飛び越え、太平洋に落下した。

日本の宇宙産業界は、北朝鮮の打ち上げを複雑な思いで眺めている。もちろん、国連決議を踏みにじる暴挙は許せない。が、正直、ニンマリする一面がないでもない。

昨年5月に制定された宇宙基本法。そのポイントは「シーズ主導(開発中心)からニーズ主導(宇宙の具体的な利用と産業化)へ」、そして「安全保障上の宇宙の活用」だ。「安保」の視点が盛り込まれたのは、北朝鮮の脅威を強烈に意識している。

基本法は早期警戒衛星や情報収集衛星(IGS)など新しい「軍需」に道を開いた。宇宙政策の司令塔となる宇宙開発戦略本部(本部長・麻生太郎首相)の豊田正和事務局長が言う。「(打ち上げの)数を上げていく。予算も最大限増やしていきたい」。平成21(2009)年度の宇宙関係予算は前年比10・4%増の3488億円。伸び率は突出している。

「軍需」拡大より一足先に、国際市場でも凱歌が上がった。昨年末、三菱電機がシンガポール・台湾向けの大型通信衛星を受注し、年が明けると、三菱重工業が韓国航空宇宙研究院(KARI)から多目的衛星をわが国の大型ロケット「H2A」で打ち上げる契約を獲得した。衛星もロケットも、悲願の海外初受注だ。

米調査会社によれば、08年の日本の宇宙競争力は世界7位。中国、インドの下にランクされる。基本法と海外市場の開拓を発射台に、日本の宇宙産業は屈辱のランキングを跳ね返し、見事、ビジネス軌道に乗せることができるのか。

目指せ! 世界水準 開発に次ぐ開発

これが、本当の「天にも昇る」心地だろうか。1月23日、都立産業技術高専の石川智浩准教授は生徒12人とともにH2A15号機の打ち上げを見守った。15号機には生徒たちがはんだごてを握って製作した超小型衛星「輝汐(きせき)」が搭載されている。

「夢のよう。学生たちは種子島にいることも信じられず、地に足が着いていなかった」(石川准教授)。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。