2030年に1,110万世帯に達する後期高齢者世帯

超高齢化社会

2030年に1,110万世帯に達する後期高齢者世帯

総人口は減少に転じているが、世帯数も近い将来減少する見通しだ。2006年12月の将来推計人口と、05年までの国勢調査による世帯形成動向を基に、国立社会保障・人口問題研究所が行った推計によると、世帯数は15年に05年より154万多い5060万世帯でピークを迎え、その後は減り続けて30年には05年水準を下回る4880万世帯になると見ている。

こうした中でも、高齢者世帯は一貫した増加が見込まれる。05年に1355万世帯で一般世帯総数の27.6%を占めた世帯主65歳以上の世帯は30隼には4割増の1903万世帯となり、世帯総数の39.0%に。とりわけ世帯主が75歳以上の「後期高齢者世帯」の増勢が著しい。30年には05年の2倍の1110万世帯に急増し、高齢者世帯の過半数を占めるに至る。

この「後期高齢者世帯」を家族類型別に見ると、05~30年に、単独世帯(一人暮らし)の数が197万から429万へ2.18倍に増加し、全体の4割弱に達する。なお、高齢者世帯だけでなく、単独世帯のウエートが高まり、一般世帯総数に占める割合は29.5%から37.4%に上昇すると予測している。 後期高齢者世帯のうち、同期間の増加率が最も高いのは「夫婦と子から成る世帯」の2.23倍(48万から107万)で、平均余命の伸長と非婚化の影響といえる。

人口だけでなく世帯で見ても、高齢化は急速に進んでいきそうだ。
(『東洋経済統計月報』編集部)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。